秋冬採用ナビブログ > 注目 > 就活で死にたいと思ったらやるべきアクション【逃げるのもOK】

2019.06.26 更新

就活で死にたいと思ったらやるべきアクション【逃げるのもOK】

エントリーシートが通らない、最終面接までは到達できるのに不合格通知ばかりなど、密なスケジュールと心身の疲労が重なって、就活中に死にたいと思ってしまう方が多く見受けられます。実際に就活生が自殺してしまうケースもあり、企業の新卒一括採用のあり方は度々議論されています。今回は、就活で死にたいと思ったらやるべきアクションをご紹介します。

死にたくなる原因は日本の企業文化と採用スケジュール

就活で死にたいと感じてしまうのは、1つは日本の伝統的でガラパゴスな企業風土に問題があります。新卒一括採用で、終身雇用制を敷く会社はまだまだ多いです。そのため、大学生はその就職戦線に強制的に投じられ、「優良」企業の内定をもらうことだけを目的として就活レースに組み込まれています。さらにいわば一流大学に通う大学生の方々なら、周りの家族や親戚などによる期待という名の圧力に悩まされることもあります。

 

就活で死にたいと思ったら試すべき4つのこと

1.発想の転換をしてみる

就活で死にたいと感じてしまう大きな要因は、面接に落ち続けることで、まるで自分が社会から必要とされていない人間のように感じてしまうことです。しかし、どんなに努力しても就活生が受けられる採用試験は、約410万もある日本の総企業数の1%にも届きません。合コンには有利かもしれませんが、上場企業の内定をもらうことが人生の目標ではないはず。それに、名刺に載った企業名しか見ていないような人は、間違いなくあなたのパートナーにはなり得ないので心配ご無用。仕事はそもそも、生きていくための資金を稼ぐためのツールに過ぎません。それに、あなたに不採用通知を送った企業には「この企業は後で悔しがるだろうな」とでも考えておけば大丈夫です。視野を広げてあなたのまだ知らない会社を探ってみましょう。

2.気分転換をする

就活中は、過密なスケジュールで電車賃など経済的に、さらに精神的、肉体的にも疲労します。あまりに詰めすぎてしまうと、負の思考回路が巡って死にたいと感じてしまうものです。そんなときは、手軽な方法ではありますが効果のある「気分転換」という方法を試してはいかがでしょうか。スポーツが好きな方はランニングやジムで汗を流したり、人数が集まればフットサルなども良いでしょう。読書や映画鑑賞、美術館やギャラリーを周るのも良いですね。頭のスイッチを切り替えて、新鮮な空気を吹き込むことで気分が晴れます。半日でも、思い切って週末2日間まるまる遊びの予定で埋めてみるのもおすすめです。

3.ワーホリに出てみる

思い切った行動としてワーキングホリデービザで海外に1年間出てみることもおすすめです。ワーキングホリデーとは、指定された国々の「若者のための海外体験機会」のようなもの。現在は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェーの12ヵ国にビザの申請が可能です。30歳以下の方々だけがビザの申請をすることができ、まさに若者だけの特権。留学に行ったことがある方は、まだ住んだことのない国に行くのも良いですね。海外の人たちの就職事情や暮らしを俯瞰して観察することで、日本の凝り固まった考え方から脱して視野が開けることでしょう。

4.就活を一旦やめて休む

就活が辛くて、もう何もする気が起きないという場合、就活を一旦全てやめ、ひたすら休むという方法もあります。何もしないで、ひたすら休んでいると、自然とやる気が回復する、という学説もあります。近年は「売り手市場」のため、就活のピーク時期を過ぎても、一年を通して多くの企業が採用を行っています。焦らなくても大丈夫、とまでは言えませんが、就活で健康を損なってしまうくらいなら、一旦休養して、秋や冬にまた改めて就活を行うこともおすすめできます。
しかし、1ヶ月程度休養しても気持ちが回復しなかったら、何かしらの心の病気の可能性を疑ってください。その場合は、病院に行ったり、カウンセリングを受けてみてください。一番良くないのは、一人で抱え込んでしまうことです。専門家に相談することを恐れないでください。

新卒で入社する企業は全てではない!

死にたいと感じてしまう就活生の皆さんに断言しておきたいのは、新卒で入社した企業が全てではない!ということです。今は超一流企業で役職についている人だって、就活の末新卒で入社できた会社は望まないところでした。しかし中途採用でやっと就職したかった超一流企業に合格し、めきめきと能力を発揮していった人もいるんです。新卒で入社する企業は、あなたの社会人人生のほんの序章にすぎないことを覚えておいてください。そして終身雇用制はまだ多く残りつつあるものの、終身雇用制という考え方は着実に崩れつつあります。今や転職は当たり前で、どの会社に勤めていても向上心のある社員は、必ず転職という選択肢を持っています。死にたいと思うほど望まない企業であっても、とりあえず社会人として就職してみるのも悪くありませんよ。

人生の選択肢は意外に多い

就活で死にたいと思ったときのアクションや考え方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?就活中はどうしても思い詰めてしまうため周りが見えなくなってしまいますが、人生の選択肢は意外にたくさんあるものです。今皆さんが歩もうとしている新卒採用という道は、無限にある選択肢の1つ。遠回りをしたり、違う道を通っても、辿り着きたい場所に最終的に到達できれば良いのではないでしょうか。

 

秋採用・冬採用の国内No.1ナビサイト【秋冬採用ナビ】 無料会員登録はこちらから      
  就職留年・既卒での就活を決めたの方向け 就活塾「キャリアアカデミー」の説明会はこちら